SSブログ

当ブログ「SONYで行こう。」をご愛読頂いております皆様へ

当ブログは2015年12月に当店webサイトhttps://www.ishikawadenki.com/blog/へ引っ越しを致しました。

こちらのソネブロでは「続きを読む」をクリックで当店webサイトでのブログへリンクするようになっております。

是非遊びに来てくださいm(_ _)m

VAIOをはじめ、ソニー製品のレビューやソニーストアの通販、お買い得情報の他、電気屋3代目夫婦の育児日記などを綴っています、愛知県西尾市のe-SonyShop石川電機のブログです

VAIO type P レビュー 「PCの実力、Windows エクスペリエンス インデックスの評価、ベンチマークテスト」 [VAIO]

VAIO type P

「VAIO type P」がやってきた!(開梱レビュー)
「VAIO type P」がやってきた!(外観レビュー) の続きで
今回は「VAIO type P」のPCとしての実力・使い勝手などをレビューしてみたいと思います。

「VAIO type P」 VGN-P90NS・VGN-P90S・VGN-P90HS
SONY VAIO type P
VGN-P90NS・VGN-P90S・VGN-P90HS

SonyStyle販売価格:79,800円~(税込・送料無料・3年保証ベーシック付)
※2009年1月12日現在

まずは、今回レビューとして使う「VAIO type P」の
VAIOオーナーメード カスタマイズ内容を確認しておきます。

<スペック>

VAIOオーナーメードモデル VGN-P90HS

OS:Windows Vista Home Basic (SP1)32ビット正規版
カラー選択:ガーネットレッド
CPU:インテル Atom プロセッサー Z520(1.33GHz)
メモリー:2GB(オンボード)
ストレージ:HDD 約60GB(Ultra ATA、4200回転/分)
ワンセグチューナー:搭載
ワイヤレスWAN&GPS:なし
Bluetooth機能:搭載
ノイズキャンセリングヘッドホン:なし
Webカメラ<MOTION EYE>:搭載
キーボード:日本語配列
バッテリー:標準バッテリー
ディスプレイ/LANアダプター:付属
ウォールマウントプラグアダプター:付属
その他:ベーススペック

VAIO type P VGN-P90NS・VGN-P90S・VGN-P90HS VAIOオーナーメード カスタマイズシミュレーションはこちら

というようなスペックで
10万円ちょっとの102,300円(2009年1月12日現在)となっていて、
CPU、ストレージ共にリテールモデル(店頭販売モデル)同様の
ボトムスペックで組まれた「VAIO type P」となっています。

以上のスペックを踏まえた上で
VAIO type P」のPCとしての実力を見てみたいと思います。

VAIO 2009年春モデルとして電撃デビューを飾った「VAIO type P」には、
最大の特徴である、
通常のWindows Vista 32bit版と、
インターネットやAV機能をすぐに使える、
LinuxベースのインスタントOS、”インスタントモード”の2種類が存在する。

”インスタントモード”は後日レビューするとして、
今回は、Windows Vista 32bit版でのPC性能・使い勝手を見てみたいと思います。

VAIO type P

「VAIO type P」でWindows Vistaを動かせてみる

まず始めに「VAIO type P」を初めて起動する時に
いきなり低スペックの洗礼を受けることになる。

通常、初めてWindows Vistaを起動すると
ブラックアウト後、少々の時間でWindows Vistaの初期設定画面が現れるのだけど、
この「VAIO type P」、いつまで経っても初期設定画面が現れず、
思わず”壊れてるのか?”と思うくらい激遅。

しかも設定画面時からモッサリっぷりをいかんなく発揮して
初期設定終了後、自動で再起動するのだけど
Windows Vistaのウェルカムセンターが起動するまで
とんでもなく時間がかかった。
(まさか、ここまで遅いとは思わなかったので時間は計測してませんでした。。。)

VAIO type P

で、Windowsが起動したら、兎にも角にも
Windows Vistaの基本性能を数値で表す、
Windows エクスペリエンス インデックス”の基本スコアと、
CrystalMark 2004R3でベンチマークを計測。

Windows エクスペリエンス インデックスの評価

VAIO type P

プロセッサ:2.7
メモリ(RAM):4.1
グラフィックス:5.9
ゲーム用グラフィックス:3.0
プライマリ ハードディスク:4.1

CPUはAtom Z520(1.33GHz)だとスコアは2.7しかなく、
他項目と比べてもボトルネックとなっているので、
やはりVAIOオーナーメードのカスタム選択で
できる限り最上位のAtom Z540(1.86GHz)を選択したいところ。

ストレージはHDD 60GBなのに、
なぜか数値は4.1と健闘しているけど、
実際、そんなに早くは感じられず、
体感的にもSSD(フラッシュメモリー)を搭載した方が間違いなく早いので
ストレージ選択では是非SSDを選択したい。

また、グラフィックスには
Windows エクスペリエンス インデックスの評価”最大値である5.9をマーク。
ただ、この数値は全くアテにならず、
なぜ5.9もの最高値をマークしているのか意味不明。。。

CrystalMark 2004R3のベンチマーク結果

VAIO type P

(同条件で3回計測した平均値)
Mark(総合) : 16395、16428、16540 ⇒ 16454
ALU(整数演算) : 4335、4347、4333 ⇒ 4338
FPU(不動小数点演算) : 3477、3470、3475 ⇒ 4338
MEM(メモリー速度) : 3382、3407、3494 ⇒ 3474
HDD(HDD速度) : 3627、3609、3605 ⇒ 3613
GDI(グラフィックス) : 1200、1218、1251 ⇒ 1223
D2D(DirectDraw) : 157、157、161 ⇒ 158
OGL(OpenGL) : 217、220、221 ⇒219

以上のような結果となっていて、
回数を増やす毎に、ちょっとずつだけど
数値が上がっていき、
全体的なパフォーマンスも多少向上した。

VAIO type P

また、実質用途として、
電源オフの状態から
電源投入、Windows Vistaのウェルカムセンターの表示完了までの時間は2分20秒
前回計測から1日使った状態で1分45秒で表示完了、
(初期当時は3分30秒ほどかかっていて、使っていくうちにだんだんと早くなりました。)
IE(インターネットエクスプローラー)を起動し、
Yahoo!の表示までの時間は10秒程かかりました。
(ドキュメントやピクチャなどの表示はワンテンポ遅れる感じで表示される)

体感的には”早い”、”遅い”と感じるのは個人差があるものの、
自分、個人的主観では、
初期状態の頃は、”Windows Vistaをなんとか使うことができる”という感じだったが、
しばらく使ってみると、多少のもっさり感はあるものの、
”使える”くらいまでになったことで、
このクラスでは十分に実用レベルかと。。

ただ、少しでも高い快適性を求めるなら
ストレージにはSSDを、特にCPUは上位クラスを搭載させることをオススメします。

次回は「VAIO type P」の最大の特長の一つである
LinuxベースのインスタントOSが約10秒で立ち上がる、
”インスタントモード”についてレビューしたいと思います。

ということで続く。。。

-------------1月14日 追記・訂正あり

この記事を作成した時点では
初期状態からほんの少し触ってみた時点で
Vista起動までの時間やプログラムを起動したりするのに
全体的にもっさりで遅く感じましたが、
さらに使い込んでいくと
Windowsの起動は2分20秒から1分45秒に、
その他全体的なパフォーマンスが上がってて
使いやすくなっていることを追記・訂正させて頂きます。

【VAIO type P 特集】

VGN-P90NS・VGN-P90S・VGN-P90HS VAIO type P VAIOオーナーメードレビュー
「VAIO New Mobile」の先行予約エントリーがスタート!
「VAIO New Mobile」はいわゆる普通のネットブックではない!?「VAIO type P」リーク情報が出現!
『VAIO type P』メール登録殺到で先行予約エントリー終了
【続報】『VAIO type P』の仕様流出!Atom Z520 + 2GB RAMで約9万円?
『VAIO type P』(VAIO New Mobile)正式発表!VAIO 2009年春モデル第2弾が登場!
『VAIO type P』オープン販売がついにスタート!
「VAIO type P」がやってきた!(開梱レビュー)
「VAIO type P」がやってきた!(外観レビュー)
VAIO type P レビュー「起動時間約10秒のLinuxベースのインスタントOS ”インスタントモード”で軽快に持ち歩く」
「VAIO type P」のワイヤレスWAN&GPS搭載モデルが2月3日より受注開始に!
「VAIO type P」WWAN&GPS搭載モデルの先行予約販売がいよいよ本日13:00よりスタート!最短購入方法はこちらより
「VAIO type P」専用 吉田カバン製オリジナルバッグ『CC-PTR/P/B』が完成!

「VAIO type P」VGN-P90NS・VGN-P90S・VGN-P90HS VAIOオーナーメード カスタマイズシミュレーションはこちら

VAIO type Pの詳細・ご購入はこちらより

SonyStyle

SONY VAIO(ソニー バイオ)

SONY VAIO ソニー バイオ

【e-SonyShop 石川電機のWebサイト】



スポンサードリンク


nice!(19)  コメント(6) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 19

コメント 6

HAL

オンオフが多い環境でインターネットメインの使い道が多いと思われそうなパッケージだし、起動の遅さはダメですねー

今から、後継機の発表を期待してしまったり(^^;
by HAL (2009-01-12 14:36) 

karamu

いま、自分が使ってるPCの起動が5分くらいだから2分30秒ははやいのかな・・。
ただ、親のパソコンを見てると一瞬・・・。
ほんと人によって感覚は変わるものですね~
by karamu (2009-01-12 18:34) 

(。・_・。)2k

欲しい~
by (。・_・。)2k (2009-01-13 21:28) 

ishikawa

>HALさん
そーなんですよね。
ただ、今回追記、訂正させて頂きましたが
前回計測よりもはるかに早くなりました。
やはり少し使い込まないとダメだったみたいで。。。滝汗

>karamuさん
人それぞれ感覚が違いますので
”これが正しい”とは言えませんが、
ハイスペックPCで慣れてしまってると
遅いと感じることがあると思います。
ただ、CPUやストレージの性能を割り切って使う分には
十分実用レベルかと。。

>2kさん
2kさんも1台ぜひ☆
by ishikawa (2009-01-14 15:08) 

通行人

製品見に行きましたが、少々の処理でカクカクします。
オンボードが良くない物で、窓をドラック状態で動かしますと、多数の残像が残りダメでした。

初期製品だと使えないぜ。
ある意味、流石SONYだぜ。

by 通行人 (2009-01-21 12:17) 

ishikawa

>通行人さん
確かにボトムスペックで組まれた「VAIO type P」は
仰られますように、通常のデスクトップやノートPCの様に扱おうと思うと厳しいものがありますね。
やはりCPUには上位のものを組むのが一番よろしいかと。。
by ishikawa (2009-01-22 14:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます